偏屈親爺のブログ

日々の出来事、昔の思い出話、等々。

イタリアの泥棒さん

昨夜は久々の飲み会。
一人の友人がイタリア旅行ツアーに参加して、感激した体験を披露してくれた。

その友人が旅行中にレストランで置き引きに遇ったのだ。
今までの楽しさは一度に吹っ飛んでしまった。
パスポート、カード類、現金が入ったバックが一瞬にして消えてしまった。
顔は真っ青。


日本領事館でパスポートを再発行してもらうには一週間以上かかる。
ツアー参加のメンバーの皆さんにも迷惑を掛けてしまう。
とにかく警察へ、と云う事で食事中のメンバーを残し、
添乗員と二人で近くの警察に飛び込んだ。
警察で事情を話すと、イタリアのお巡りさん曰く
「ああっ、先程バックを道で拾ったと言って通行人が届けてくれましたよ」


飛び上がらんばかりに喜んでバックを受け取り、中身を確認。
現金とモンブランの万年筆以外はパスポートもカード類も無事だった。
命の次に大切なパスポートを残してくれたのだ。
友人
「ああ、イタリアの泥棒さんは親切だなぁ!」


多分届けてくれたのが、泥棒さんだったのだろう。